Just Breathe...

プロフィール

しの

Author:しの
アメリカ、ミズーリ州セントルイス在住のグラフィックデザイナー。アメリカで2匹の犬(チワワミックス&グレイハウンド)とだんなといっしょに毎日バタバタ暮らしてます。

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

クリックお願いします!

The Animal Rescue Site

TomiZen

TomiZen

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

戻りました。。。2週間ほど前に。

帰ってきて1週間くらいはまだ義理両親が来てはったので、疲れもとれることなく、荷物も片付けられることもなく、グータラととりあえずエネルギーを戻すことに専念してました。ほぼ1ヶ月くらい?ぶりのワンコたちとの再会はよかったです。ゾーイさん、うれしさのあまり頭の回線が壊れ、誰をみていいのか、誰のとこにいっていいのかわからず、とりあえずあっちいったりこっち行ったり走り回るのみ。。。 それか、まったく私に会うの気にしてなかったかのどちらかです。

今回も安いチケットで帰ろうと思ったら、やっぱりノー○ウェストでした。。。空港には8時半くらいに行けばよかったから、らくちん。2人で行くのに、なぜかいつもより荷物が少ない。。。ちょっと不安に思いつつ、いざ出陣。セントルイス→デトロイト、デトロイト→関空の道のり。何回行き来しても楽にはならへんなあ、これがまた。いっぱいいっぱいに詰め込まれて。家を出発してから20時間後、肉体と精神の限界の近さを感じつつ関空に到着。それから渋滞に巻き込まれた親のお迎えを待つこと2時間ほど。。。ここまで来たら、三十路目前半泣きですから!

エニウェエ~イ

airplane


カナダとロシアの間のまったくわからんところの写真。でも、こんなところのけっこう近くに人のいる建物を見つけました。どうやってあんなところにたどりつくんやろ?なにしてはるのかとか、どんな生活してはるのか、とか知りたくなりました。

やっとこさ着いた日本。関空についたときに「ああ、この瞬間のために一年がんばってきてるねんでえ」って旦那に言いました。日本に帰れるから、家族や友達に会えるからこそ1年間仕事もがんばれるといっても過言ではないのです。
年を取ると時差ぼけもひどくなってきて、夜の12時すぎに家についたのに、起きたん早いし。。。着いた次の日から数日間はおばあちゃん家周りのはじまりでした。まずは小松のおじいやん&おばあやんのもとへ。この日をおじいやんとおばあやんも楽しみにしててくれました。夜には、お寿司を食べにいって、旦那も幸せ♡もう何年ぶりかもわからんくらい会ってなかった叔父とその家族にも会い。最後に会ったときはまだ小学校とかくらいやった従姉妹が大学と高校入学やってさ、そういうときに自分がどれだけ年取ったかを思い知らされます。べつに気にしいひんけどさあ。
おっちゃん、日本はじめての旦那のためにいろいろ行くところを考えてくれました。金沢観光。おっとその前に、松井選手のミュージアムも。。。金沢は金箔作りで有名らしいっすね。で、箔一というところに見学にいってきました。これがまた興味深いのなんのって。そこでお土産をゲット。
内陸出身の旦那、日本海を気にいりましたあ。

nihonkai


さむいっ!海水をなめてみたくてしょうがないんですわ、じつは。次の日にその想いはかなったのであった。。。

2泊してからバタバタ慌ただしく福井に移動。おかあちゃんとおばちゃんと合流です。といっても、おかあちゃんは駅で入れ替わりなだけ。おばちゃんが永平寺に寄り道してくれました。私も初の永平寺。禅の総本山。

eiheiji

eiheiji2


私の中では、竜安寺と1-2を争うくらいの平和さ。心が洗われるっちゅうのはこういうことやな?と思わされました。たくさんの修行僧のひとたちがお経をあげてはったり、晩ご飯をせっせとはこんではったりしてはるのもみれました。自分と同じくらいの人たちがいっぱい。すべてを切り離して修行にでるなんて、私にはとてもできない決断です。途中、雨がふりだして、それが余計にいいムードを作り出してました。
おばあちゃんも元気そうでなにより!旦那はいとこのとこの男のコのバスケと野球の相手役。老体にムチうっての相手です。

福井には1泊だけ、次の日は家に向かって帰る日です。でもおおおお、京都で美容室!そしてちょっと買い物。そろそろ、ハンバーガーが欲しくなってきたってことなんで、お昼はマクド。美容室で文句言わずに長いことまってくれた旦那に感謝です。。。せやし、晩ご飯もハンバーガーにしてあげよやないか!

ほんまにむちゃくちゃなスケジュールをくんだもんやなと自分でも関心。とりあえず勢いで回っていくのです。
ほかにいったところは、彦根城。ほらお城見物ってことで。。。

hikonejyo


ohori


このかたのおかげで入場者数6割増しやったらしいです。

hikonyan


いい年したみなさんまで、ひこにゃあああんって叫んではりました。。。かわいいけどさあ。

なぜこの時期に帰ることにしたかというと。。。

nagasogawa


これです。桜です。着いたときには、ちょっと間に合うかな?って心配な感じやったんやけど、ちゃんと咲いてくれました。私も何年も桜の咲く頃に日本に帰ってないから、うれしいかったです。
次に帰ったときには、保津川下りでもしたいなあ、気持ち良さそうやったから。

親友たちにも会えたし、葵ちゃんと結衣ちゃんとも遊べたし、妹たちともお出かけできたし、中身の濃い10日間でした。やや不完全燃焼かもなあ。それはただもっと居たかっただけねんけどね。自分の選んだ道とはいえ、やっぱり日本に帰りたいなあと思ってしまうときもあるんですよ。便利やし、家族もいるし、気をつかわなくてもええ友達もいるし、食べ物おいしいし、人は親切やし。。。
一番思ったのは、旦那に私の生まれ育った環境をみてもらったり体験してもらってよかったなってことです。もっと理解が深まったように思います。旦那とは長い付き合いやけど、それでもやっぱり本当に私のことを理解してもらおうと思ったら、どうやって、どういう人の周りで育ったかとかってこともみてもらわなあかんとずっと思ってたんです。とくに国際結婚やから。私が説明するのと、本人がそこに行くのとは違うからねえ。

3nin


この写真、仲良さそうに写ってるけど、じつは葵ちゃん、うちの旦那が怖かったりもするんです!ほんまは遊びたいねんけど、はずかしいしぃ~~~ってのもあったり、で、いきなり怖がってみたり。。。見慣れないアメリカンな顔なもんでねえ。ある朝、旦那が起きてきた葵ちゃんにちゃんと日本語で「おはよう」っていったら、ぐわあああああってないて逃げていったんやって。。。かわいそうな、旦那、へこんでました。。。あと眼鏡が好きやない彼女のために、眼鏡はずしてます!

あああ、はやく1年過ぎて日本に帰る日がこうへんかなあああ。と、すっかりホームシックな今日この頃。

kamogawa


最後は鴨川の夕焼け空を。。。
スポンサーサイト
comments(8)|trackback(0)|未分類|2008-04-23_05:01|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

ふるさと
ふるさとは遠くにありて思うもの
そして悲しく思うもの
よしや
うらぶれて異土の乞食となるとても
帰るところにあるまじや
ひとり都の夕暮れに
ふるさと思い涙ぐむ
そのこころもて
遠き都に帰らばや
遠き都に帰らばや

なんて 詩を思いながらいっつも日本帰ってます。しのさんの気持ちめっちゃわかります。イギリスにいても、日本に里帰りしても「私って日本人で日本が好きなんやな~」って思います。
帰りの飛行機では直行飛行時間12時間ちょいの間約半分、お約束みたいに泣いてます。毎回。(笑)自分の意志でイギリス来たのに何を泣くことがあるねん!と反面思ったりするんですが、帰りの飛行機の中では、お母さんが一生懸命私の好物を作ってくれてる姿や、お父さんが一生懸命荷物を運んでくれた姿や、おばあちゃんの嬉しそうな笑顔や、色んなことが頭をよぎって なんかそれが 悲しくって泣いてしまってます。ただ、ヒースロー空港に着いた途端「おお、戻ってきた」っていう、なんていうか「よっしゃ!」っていう感覚もあったりして。数時間前まで日本にいた という現実というかギャップに数日間ついていけない自分がありますわ。毎回。このギャップにはずーーっと慣れへんのかな~。 そうそう。私の姪っ子も3歳なんですが、旦那見て大泣き。そんくせめちゃ気になる存在 みたいな。うちも凹んでました。こんなに姿形で泣かれたん初めてや、、とか言うて。。(笑)
旦那さんにしのさんが生まれ育ったところを見てもらってホントよかった。それものすごーーく大切。さらにナイスカップルになりますな~。
また次の里帰り目指して頑張って~!!
もりだくさんの里帰りでしたね。
旦那さんに自分が育った環境を見てもらうのって、本当に大事だと思います。言葉では伝えきれない何かをきっとわかってもらえたはずです!
永平寺、良いですよね~。
うちの主人も大好きみたい。

今日まで義理の妹が帰ってきてたから、京都の名所が載ってる写真集を見せといた。
彼女達も日本に行きたいって。

また次の里帰りまでお仕事頑張りましょうね~。
帰りたてのホヤホヤです。それにしても、中身の濃い10日間だったねぇ。Good Jobですぞ。お寺さん、日本人の私が見ても、ピースフル~って感じよ。
旦那はん、色々物珍しかっただろうね。アメリカと全然違うもんね。うちみたいな、斜に構えたアメリカ人は、少しの事じゃあ感激してくれないから、羨ましいかも。仕方ないか、日本に5年住んでたら。
しかぁし、一年に一回の楽しみよねぇ、私達にしたら。嫌な顔しないで帰らせてくれたり、帰る度に歓待してくれる、周りの人たちに感謝だよねぇ。私も来週からまた、ドクターに見も心も捧げるよ。お互い、また一年、頑張ろうぜ。
+++Ayakoさん+++
よく気持ちわかりますよ。私も泣くのがんばってこらえてますから。そうなんですよ、自分で決めたんやからって思うねんけどねえ。でもなんか家族に寂しい思いをさせてたりするから、めっちゃ悪いなあって気もするし、それも悲しくなる理由でもありますわ。帰ってきてからしばらくはほんまに日本に行ってったんかなあ?くらい普通にいつもの生活がながれていってて、戸惑ってしまいます。今度帰ったら、旦那ふたりともに泣かれるかもしれません!
それはそうと、もうそろそろですねえ、赤ちゃん。元気な赤ちゃんを産んでください、そしてAyakoさんも無事出産を終えれますように。。。
+++CocoJさん+++
かなり盛りだくさんでへとへとでしたよ!でも気力で乗り切りました。帰る前に思ってたより、日本に行ってもらったのは私たちの関係に役立つようになるような気がします。だからお金ためといてよかった!
+++おりんさん+++
永平寺、かなりよかったです。友達にも勧めておきました!あそこにずっと座ってぼーっとしてたかったです。会社の友達にも毎年帰るときになるとうらやましがられます。
お互いまた来年までがんばりましょう!
+++トミゾウちゃん+++
ほんまやな、帰りたてホッカホカっすねえ、とみ蔵ちゃん。うん、お寺はいいやんなあ。落ち着くよ。10日間さ、濃すぎたわってくらいいっぱい回ったさ。たしかに、かなり楽やったなあ、どこいってもめずらしいねんもんね。まだまだしばらくはそういう感じでいられるのでは。。。しめしめ。5年も住んでちゃねえ、第二のふるさとくらいになってしまうんちゃう?でも通訳せんでええからうらやましい!
来週から獣医さんに身も心もささげて、私もコンピューターの前でクリッククリックしてがんばるよ。

キューピー3分クッキング!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。